X’masはもうすぐそこに

【体験談】猫の雄と雌で性格は違う?性別ごとの行動と飼いやすい猫とは

猫 性別 性格 差

こんにちは。諭吉です。

あなたの猫に対するイメージってどんなものですか?

私は猫といえば、初めて迎えたのがくろくんだったため、「猫=くろくん」という認識でした。

それが、ロシアンちゃんを飼い始めてから、完全にぐっちゃぐちゃに覆されることとなりました(笑)

もちろん、猫も人間同様、猫それぞれ性格があるはずです。

ただ、私は今までの経験則から、性別の違いでも性格や行動に差が生まれるのではないかと考えました。

あなたの飼っている猫ちゃんも、オスとメスで違いはありますか?

オスとメス、どっちを買おうか迷っている方の参考になれれば、はたまた、実際に既に飼われていて、「これわかる~!」などと共感したり、新たな発見があれば、と思い、独自にリサーチして記事にすることにしました。

ただ世間一般の意見を紹介するだけではなく,その世間一般の意見に対し,諭吉自身はどう思うのかを,実際にオス2匹とメス1匹と暮らしてみて感じたことを包み隠さずお話していきたいと思います^^

ゆきち

猫はオスメスでも性格の差が見られるのかねぇ?

今日はそこを赤裸々に暴露していくで~!

猫はオスメスで性格が異なるのか?

もともと諭吉はオス猫を飼いたくて,オスの猫を探していたのです。(ロシアンちゃんにはナイショ

その理由というのは,「オス猫は女の人に懐き,メス猫は男の人に懐く」なぁんていう風の噂を聞いたからです。

それが本当なのかを検証した記事はコチラ

猫 メス 男の人 好き【検証】メス猫は人間の男の人が好きなのか?ロシアンブルー(♀)の男事情

ただ,結局のところ,この子がいいなあと巡り合った子(すなわちロシアンちゃん!)がメスだったので,メスを飼うことにしたのですが,やはりオスとメスでは性格や行動も違うようで・・・初めは苦労しました(笑)

人間も男の人と女の人で性格や傾向が違うという話がありますよね?

脳の作り(?)発達具合(?)が違うとかで,女性は左脳が発達しているため,言語的に優れていたりコミュニケーション能力にたけてるとか,一方男性は右脳が発達しているので,空間をイメージするのが得意だとかって聞いたことがあります。

(「なるほどだから諭吉は空間図形のテストが超苦手だったんだな・・・」などと都合よくテストの成績を性別のせいにしていたこともあります(笑))

やはりホルモンの関係などもあるので,男女で違いが出てもおかしくないですよね。

さて,では猫ちゃんも性格や行動に対して人間同様に男女間で差は見られるのか?

ゆきち

まずは,実際にネットの情報や,ブログなどでの飼い主さんの声を探してまとめてみました!

文献やネットでの意見は?

オスの場合

様々な意見を拝見したところ,オスの性格は

  • やんちゃで遊び好き
  • 好奇心が旺盛
  • 行動的
  • 甘えん坊
  • 感情がストレートで裏表がない
  • 喜怒哀楽が分かりやすい

といった意見でした。

ゆきち

中でも特に多かったのは,やんちゃ・好奇心旺盛・甘えん坊という3点です。

おもちゃで遊ぶのが特に好き。色んなおもちゃに興味津々でよく遊ぶやんちゃ坊主。

その理由として挙げられていた1つの見解は「オスはメスに比べて筋肉量が多いので比較的活発である」ということ。(「ペット情報館」さんより)

なんとなく,とか経験値で活発だと思う,という意見が多かった中,「なるほど,そういわれれば確かにそう考えられますね」と思える説得力のある見解でした。

また,甘えん坊という点に関しては,こんな強烈な体験談を発見しました(笑)

まず性格的にオス猫は愛情深いですが、その分かまってちゃんが多いです。
私自身、家の中ではパソコンを使うのも一苦労です。(実際この記事もファミレスで書いています。)
家でパソコンを使っていると、「何してんの?暇なんだけど!」とパソコンの上や、その近くで休むことが多いです。

ネコワラ!」さんより

私がリビングに行けば、リビングについて来ますし、玄関に行けば、同じようについてきます。
果てにはトイレの中にも入って来ようとします(笑)
そしてなんといっても嬉しいのが、お帰りのお出迎えをしてくれることです(^O^)

ネコワラ!」さんより

これは・・・かなりの執着ですね(笑)

実体験ということなので,信ぴょう性も高いですね!

ネットで語られている「オス猫を飼うのに適している人」

積極的に猫ちゃんとコミュニケーションをとりたい人や,猫と距離の近い関係を築きたい人におススメという意見が圧倒的に多かったです。

先ほどの体験談からも明らかなように,かなり愛情表現が濃厚ですから(笑),「いつも猫ちゃんと一緒にいたい」とか「猫ちゃんとたくさん遊びたい!」とかっていう人には向いている意見が良く見られました。

メスの場合

一方,メスの場合は,

  • クール
  • しっかりした
  • 気分屋で、ちょっとわがまま
  • プライドが高い
  • 警戒心が強い・用心深い
  • 大人しい
  • 自立心が強い
  • 社交的

という意見でした。

ゆきち

やはり,オス猫よりはクールで,自分のペースをしっかり持っている(まあ悪く言えばわがまま)といった意見が多かったです!

実際に猫カフェで働いている方の意見として,

うちの猫カフェはメス猫が多いです。
そんな環境で働いている私の感覚としては、やはりメス猫はツンデレタイプの子が多い気がします。

ネコワラ!」さんより

とのことでした。

運動量がオスに比べると少なくて比較的おとなしいという意見も多かったですね。この根拠としては,先ほどの「オスよりも筋肉量が少ない」ということや,「オスのように縄張りがないから」ということが挙げられていました。

また,こちらも説得力のある見解が示されていましたが,メスが警戒心が強い理由として,「メス猫は出産や子育てをすべて1匹で行わなければならず,子猫をあらゆる危険から守ろうとする本能から」だそうです。(「マイナビニュース」より)

自立心が強い理由も,子どもを育てなければならないという本能からくるものだとの意見もありました。

また,メスの方が社交的だという意見には,「メスは同時期に出産した場合、お互いの子育てを助け合うことがあるのですが,猫は本来単独生活動物なので、肉親以外で協力する姿は非常に珍しいため,メス猫の方が猫同士の方が社交的といえるでしょう」とのことでした。これも説得力がありますね。(「マイナビニュース」より)

また,実際に多頭飼育の場合はオスよりもメスの方が仲良くやっていけるという研究結果も出ているのだそう。

猫を飼っている方の実体験としても,

そしてこれは個人的な意見ですが、オス同士では喧嘩はよく見ますが、メス猫同士の場合喧嘩はあまりないのではないでしょうか。

猫壱」さんより

という意見もありました。そうなんですね~

ゆきち

てっきり私は,メス猫同士の方がわがままだから女子同士の仁義なき戦いが繰り広げられるのかと思っていましたが,違うんですね・・・(笑)

ネットで語られている「メス猫を飼うのに適している人」

一人暮らしの方や仕事が忙しい人,あまり構うことが出来ない人、気楽にのんびり過ごしたい人にはおススメという意見が多かったです。

猫ちゃんとも適度な距離を保ちつつ,ドライな関係を望む方にはおススメということですね。

ぶっちゃけ飼いやすいのはオスとメスだとどっち?

色々なサイトや,ブログを拝見しましたが,ダントツで「メス猫」の方が飼いやすいという意見が多かったです。

猫 メス オス 性格

メス猫勝利!歓喜の舞

その理由として,

  • メス猫の方が早くしつけを覚えた
  • メス猫の方が落ち着きがある(オスは子猫時落ち着きがなくて大変だった)
  • 初心者にはメス猫がおススメ
  • マーキングをしない
  • 自立心が高いので,1匹でお留守番させても問題行動を起こす確率が非常に低い
  • 放置していても気ままに過ごしているので気がラク
  • なにより手がかからない

という点が挙げられていました。

おお・・・圧倒的支持率(笑)

ゆきち

オス猫くんは先ほど性格の特徴でもあげられていたように,甘えん坊な子が多いため,手のかからないメス猫の方が飼いやすいと言われているようです。

実際に,「メス猫の方が飼いやすいよ」と獣医さんから直接言われた,という方もいました。(「モフモフと暮らそう」さんより)

また,習性面でもオス猫のようなスプレー行為(おしっこでマーキングをすること)もないため,ラクだと考えられているようです。

うちの猫たちからの経験談

さて,ではうちのにゃんずたちは一体どうなのでしょう?

一般的に言われている特徴と同じなのでしょうか。

まず性格面から。ネットの場合と同様に順に見ていきましょう。

オスの場合

  • とにかく甘えん坊
  • 大人しい
  • 好奇心旺盛
  • ストレートな愛情表現
  • 人懐っこい

といった感じです。

一般的に考えられている特徴と大きく変わりません。

違うところは「行動的・運動量が多い」ということですかね

うちのメンズは全然行動的ではありません(笑)

くろくんはもうお年をめしているから,かもしれませんが,しろくろくんもまったく行動的ではありません。

新しいおもちゃや,新しい物への興味はものすごくあるのですが,そのおもちゃで遊びたいとはならないようです。

「筋肉量が多いから」という説得力のある根拠がありましたが,能力(最大値?)は高くても,それをフルに発揮することを好まない子もいるでしょうから,オスだから身体能力が高い分メスよりも活発だ,ということが100%当てはまるというわけではないのかなあと思いました。

猫同士の関係ももちろん良好ですが、人間との関係も極めて良好です。

人の温もりを探してすごすごと歩いてきたり、トイレについてきたり,お風呂の出待ちをしたり,寝るときも腕枕で寝たり、玄関までお出迎え・お見送りをしてくれたりと、非常に依存度が高いというかまさにべったり、って感じでとても可愛いです!!!

母性本能をくすぐるという作戦なのでしょうか。

諭吉が思う「オス猫を飼うのに適している人」

これもネットであった意見とほぼ相違ありません。

諭吉的な感覚からすると,猫ちゃんとべったり付き合いたい人,距離感を近く保っていたい人,たくさん猫ちゃんと遊びたい・スキンシップをとりたい人,いっぱい甘えてほしい人に向いていると思います。

ゆきち

オス猫は,猫というより犬に近い感じがします。

ちょっと感情の起伏がある犬って感じでしょうか(笑)

いつもいつも全力ではないとはいえ,甘えたいときは全力で甘えてきます。お出迎えもしてくれます。

まさに気まぐれなワンちゃんって感じです^^

メスの場合

これもネットの意見とほとんど同じですね。

  • わがまま
  • 自立心が高い
  • 気分屋
  • ツンデレ
  • 自分のペースをすごく大切にする
  • 嫉妬心が強い

本当に本当に本当に!!!!メスってわがままです(笑)

今までくろくんとしか暮らしたことがなかったから,猫って抱っこもさせてくれるし,大人しいし,自分が触りたいときに触らせてくれるし,悪さもしない,って思ってたのに・・・

うちのロシアンちゃんは,とにかくやんちゃ,暴れる,走り回って物は壊す,言うことは聞かない・・・(笑)

抱っこも嫌いだし,自分の機嫌が悪い時は触ろうものなら「シャーッ!!!」

メスは自立心が強いですし,甘えないという訳では無いですが、オンとオフが非常にはっきりしていて、わかりやすいと言った印象を諭吉は受けました。凛とした雰囲気もあります。

オスが構ってちゃんで手のかかる子だとすれば、メス猫は長子みたいな感じ。どこか冷めてる、というかしっかりしているというか・・・

まあ人間も似たとこあるじゃないですか(笑)

小学生高学年にもなれば、男子は超しょうもない下ネタとかでゲラゲラ笑って騒いでるのを見て、女子は、「男子ってホント子供。お気楽ね」なーんて、俯瞰した感じで男を見てる感じ。それに近い気もします(笑)

自分のペースをすごく大事にしていますね。

自分が一人になりたい時はなりたいし、甘えたい時はとことん甘える。

ただ,「甘えたい~構って~撫でて~~」みたいな顔して膝に乗ってきたくせに,ちょっとでも自分の気に入らないところをなでたり,撫で方が悪いと,キッとにらんで噛みついてきます(おおぉおおぉ恐ろしい女王様だこと・・・)

しかも超ツンデレです。

さりげな~く膝にのってきて,自分の存在をアピールしてくるくせに,撫でたらどっかいくし,じーっと私の事を見つめてるくせに,私が気づいたら,別に何もないけど。と,プイっと態度を一変します。

そして嫉妬心も強いですね。

パソコンに向かっている私にあてつけかのように目の前で他人に愛想を振りまいたり・・・

嫉妬心も強いですね。

ただこれは、男女の違いではなく、品種の違いかも知れません。同じロシアンのオスを飼っていれば、明らかになるのですが・・・

これは,一般論とは異なる点ですが,社交的ではないかもしれません。これもどっちかというとロシアンブルーの特徴なのかなと思います。

ロシアンブルーの特徴・性格についてはコチラを参照ください

人間に対しても人見知りしますし,猫に対しても強い警戒心を示します

オス同士(2匹)は比較的穏やかで仲良しなのに対し,メスのロシアンちゃんが2匹のオス相手にヒートアップしています(笑)

くろくんやしろくろくんと仲良くなるまでも1,2か月かかりました。

しろくろくんとは,未だに仲がいいとは言えないのかも・・・(笑)

会った当初は猫パンチ炸裂,シャーッ!!!と威嚇しまくり,唸りまくりでした。

相手がオスだから怖いのかなぁ?とも思ったりしたのですが,今ではくろくんに対しては特に敵意や恐怖はないようです。

また,運動量が少ない・穏やかという点も違います

とてつもなく暴れますし,動くものを目で追うのが大好きで、家の中をすさまじい速さで走りまくって,水の器をいつもこぼします(;^_^A

その暴れっぷりにしろくろくんはひきながらみています・・・(笑)

一言でいうならば,猫っぽいのはメスで、オスは犬っぽいかもしれません。

諭吉が思う「メス猫を飼うのに適している人」

これも,ネットの意見に近いです。

自分の時間を大切にしたい人や,猫ちゃんとも適度に距離を置きたいというドライな人に向いていると思います。

ネコらしい子が飼いたいって人にもいいですね

メス猫はまさに猫!!!って感じが強いですから。

そしてM気質な人の方が向いています。(笑)

私はオス猫とは対等に仲良くしてきたって感じですが,ロシアンちゃんに対しては完全に下僕という立ち位置な気がします(笑)

女王様の機嫌を損ねないように,毎日あれやこれやと試行錯誤し・・・

女王様が喜ぶようにマッサージしたり,機嫌をとりながら爪を切らせて頂いたり,そのご機嫌が良い時と悪いときの紙一重なところを探りながら接しているって感じです(;^_^A

なので,そんなハードなSっ気に耐えられない人には向いていないと思います・・・

あと,ツンデレに弱い人にも向いていると思います

ゆきち

この女王様がたまにとんでもなく甘えてくる瞬間が至福なのです・・・(笑)

素晴らしきアメとムチですね!!!

はじめは諭吉も「ああ・・・思ってた猫と違う・・・オスにすればよかったんだ・・・」なんて思ったことも確かにありましたが(それくらいひどい所業だった)今は,このツンデレにまんまとやられています(笑)

シャーッといって邪険にしてきたと思えば,ちゃっかりお腹の上で寝てたり。

猫 メス ツンデレ

(諭吉お前なんで鮭柄のズボン履いてんだ・・・ってとこはスルーしてください(笑))

そんなわがままに振り回される毎日を楽しく感じています^^(下僕の素質があるようです)

ぶっちゃけ飼いやすいのはオスとメスだとどっち?

さて,私の意見では・・・

どっちも同じです。

おいおいおいおい(笑)って感じですが(笑)

まあ,理由を聞いて下さい。

私はそんなに多くの猫を飼ったことがありません。ですので,その経験値だけではどちらがいいとか,飼いやすいとか判断できかねるという点が一点。

そして,確かにオスとメスで性格に違いはあれど,必ずそれにあてはまるというわけではないからです。

オスでも自分の時間を大切にする子もいるかもしれないし,メスでも甘えん坊な子や,手のかかる子もいるかもしれないからです。

結局は,性別で決めるのではなく,自分が「この子だ!!!」って決めた子と添い遂げてほしいと思うのです。

メスが飼いやすいという意見の中で,「はやくしつけを覚えた」「落ち着きがある」「問題行動を起こす確率が非常に低い」「手がかからない」とありましたが,これはすべて我が家では当て嵌まっていません

ロシアンちゃんは,いまだに上ってはダメだというところにのぼるし,いってはいけないというところにもいくし,モノも沢山壊したし,ちょっと目を離したらダメな事をするし,仕事から帰ったら家をぐちゃぐちゃに荒らされていたことだってあります。

正直,くろくん以上に手を焼いています。

飼い始めて1年。ようやく最近は手に負えるようになってきましたが,当初は本当に育児ノイローゼのようになりそうでした。

初めて1人で飼った子でしたから,特に戸惑いました。

でも,自分でこの子がいいって決めたし,可愛かったから,ここまで飼ってこられました。

しんどいことがあっても,ロシアンちゃんが大好きだから,どんなことでも耐えられました。

お気に入りの温度計を壊されても,お気に入りのちゅーすけをバラバラ遺体にされても。

もし,「メス猫は手がかからないよ」っていう意見に踊らされて,ラクをしたくてメス猫を飼って,ロシアンちゃんみたいな子だったらどうしますか?

「オスは甘えん坊だって聞いてたのに,全然寄り付かないじゃん・・・」ってなったらどうしますか?

ちゃんと責任をもって飼えますか?

こんなはずじゃなかった・・・楽だって聞いたから買ったのに・・・と後悔しませんか?

そうなったら,あなたも猫ちゃんも可哀想です。

ですから,飼いやすいというものはないと思ってます。飼いやすいという理由で選んではいけないと思います

そう思うのであれば,飼わない方がいいです。飼わないことをおススメします。

あなたが,「この子しかいない!」と思う子を飼ってあげてください。

一蓮托生,そんな心構えで飼ってください。

ゆきち

1つの命を育てるということは,簡単な事ではありません

これ以上,悲しい思いをする猫ちゃんを増やしたくないからです。暑苦しいようですが,どうかお願い致します。

まとめ

もちろん個体差もあるので、オスとメスとをばっちり!はっきり!くっきり!線引きできるかは定かではありませんが、多少の違いはあると諭吉も日々暮らしていて感じています。

でもどちらもそれぞれ個性的でとても可愛いです。それぞれなりのよさがもちろんありますよ。

諭吉は・・・どっちも好きだなぁ・・・

うーん、でも、ツンデレが好きだから、メスもいいかなぁ、なーんてロシアンちゃんを飼ったおかげで思えるようになりました。(昔はメスはきついイメージが勝手にあったのですが、メスもメリハリがあって可愛いですよ。)

オスもメスも,とりあえず猫の形をしていれば,なんでもOK!な諭吉でした^^

オスメスの違いを知って、それぞれへの対応を柔軟に変えてあげるのも必要かもしれませんね。

ゆきち

うまく付き合っていくためのヒントや気づきになれてたら嬉しいです^^

これからも、オスメス問わず、猫ちゃんを可愛がっていきましょ~♪

きょうも きみのにゃんこポイントが 1ポイント あがった!