2021年版・猫との生活の必需品

野良猫を保護したら初めにすべき4つのこと│ノミダニのおススメの駆除方法・シャンプーや子猫の方法も

野良猫 保護 子猫 ノミダニ フロントライン

屋外で猫ちゃんを見かけたり、保護したいと思った猫ちゃんがいたりという場面に遭遇することがあるかもしれません。

私もその1人でした。

野良猫を捕まえるとか、保護するだなんて考えたこともなかったのですが、突如家の前で聞こえた子猫の鳴き声・・・

このままじゃ死んでしまう、と思い、急遽捕獲することになりました。

その時に調べて得た知識と、実際に行った体験談を記事はこちら↓

◆捕獲機の借り方

体験談│野良猫の子猫を保護!保護の方法や捕獲器の借り方・貸出している所を探してみた

野良猫 保護 子猫 捕獲機 貸出 体験談│野良猫の子猫を保護!保護の方法や捕獲器の借り方・貸出している所を探してみた

◆捕獲機の設置方法や捕まえ方

体験から語る・野良猫を保護したい歳の捕獲器の設置方法や設置場所・捕まえるためのコツ

体験から語る・野良猫を保護したい歳の捕獲器の設置方法や設置場所・捕まえるためのコツ

実際に野良猫を無事に捕獲できた後は何をすべきなの?

保護した後にまず必要な処置や対応についてご紹介したいと思います。

ゆきち
これをちゃんとやっとくべきだった・・・ということもお話しします!

猫を保護した・保護する予定・初めて飼う人へ。必要なものをまとめてみました。

保護する前に・猫を飼う前に必要なものリスト

野良猫を保護&初めて猫を飼い始めた人が買うべき我が家のおすすめ必要なものまとめ

野良猫(子猫)を捕獲したら・・・まずすべきこと

無事捕獲に成功したらやることはただ1つ!

まずそのまま動物病院へ連れていきましょう!

捕獲器のままでも大丈夫ですので、極力早く連れていきます。

特に、先住猫ちゃんがいる場合はなおのことです。

病院で処置をしてもらうまで、絶対彼らと一緒にさせないようにしてください。

もしも、土日祝等で病院が空いていない場合は、可哀想ではありますが、玄関や、完全に隔離できる場所(かつ掃除がしやすい場所)で、捕獲器のまま過ごしてもらいましょう。

ゆきち
ベターなのは家に上げないことかと思います・・・(あとあとのことを考えると)

なぜかというと・・・野良猫特有の病気や持ち物を持っている可能性があるからです。

具体的に言うと、ダニノミ、感染病、寄生虫などです。

①ダニやノミ駆除の処置

まずダニノミの駆除ですが、シャンプーや、病院で処方される薬で処置します。

まず私は、拾ってきてから猫のノミダニが取れるシャンプーで体を洗いました。

ゆきち
とにかく、溝で過ごしていたからか、白い被毛が黒く薄汚れていたので💦

シャンプー自体は、ペットショップやネットショッピングで手に入ります。

うちで使ったのはこちら

次のシャンプーは、動物病院でも処方され、皮膚病の猫ちゃんにも使われるシャンプーなので、よりいっそう安心だそうです^^

シャンプーの仕方

手順1
お湯をはる
お風呂場で、洗面器やバケツなどにお湯をはります。(温度はだいたい36~38℃前後です

うちは子猫(体調30㎝未満)だったので、洗面台にお湯をはってそこでそのまま洗いました。

手順2
お湯の中にシャンプーを垂らす&猫の体をシャンプーで洗う
はったお湯の中にシャンプーを数滴たらし、猫の体をごしごし洗っていく

猫 野良猫 ノミダニ シャンプー

お湯にシャンプーを垂らしておくと、体をごしごしできなくてもある程度ノミをおぼれ死にさせることができます。

ノミが浮いてきたら、水を入れ替えて再度水をため直すとよいでしょう。

顔はゆっくり丁寧に洗い、泡や洗剤がつかないようにし、耳にも水が入らないように注意しましょう。

手順3
ノミとり櫛で体をとかす
洗うだけではなく、櫛を毛に通すことでノミが浮かび上がってきます。顔もしっかりとかしましょう。

浮かび上がったダニはその辺に捨てないようにしましょう。繁殖する可能性があります。

そして絶対に指でつぶしたりしないでください!ノミのお腹の中の卵が飛び出てしまうからです。

おすすめのくし↓

手順4
しっかりと体をゆすぐ&取り切れていない場合は再度体を洗う
しっかりとノミとシャンプーを洗い流します。
手順5
体をしっかり乾かします
タオルでしっかりぬぐって乾かし、ドライヤーで乾かす

近くで乾かすとやけどするので、かなり遠くからタオルで乾かしながらドライヤーを当てます。

じゃじゃーん!きれいになりやした!

猫 野良猫 ノミダニ シャンプー

ただ、子猫(3か月未満)の場合は、体温を低下させる可能性もあるので、むやみにお風呂に入れない方がいい場合もあるので気を付けましょう。

その場合は、お風呂に入れずそのまま病院へ連れていき、獣医さんの指示を仰ぎましょう。

実際、うちではお風呂に入れてからその日のうちに病院へ連れていきましたが、「入れなくてもよかったのに~」と、お風呂に入れずにつれて行ってよかったそうです。

ただ、こうしてシャンプーしただけではノミダニは完全には取り除けません!

あくまで仮死状態であるものを物理的に取り除いているにすぎません。

必ず病院で駆除の処置をしてもらう必要があります。

私が子猫を連れ行ったときは、ノミダニ除去のためのスプレーをシュッシュと数回かけて体をまんべんなくしっかり濡らし、処置完了となりました。(所要時間約5分程度。すぐ終わりです)

どうやらこれは、成猫のノミダニ駆除でよく使われる、フロントラインという滴下式ノミ駆除薬と同じ効果のスプレータイプのようです。

これだと、幼猫など幼い動物にも使えるし、即効性も非常に速いようで、全身に散布できる安心安全かつ有効なものだそうです。

NOTE
処置代は500円ほどでした。
ゆきち
実際、うちの母親は、シャンプーすれば十分と思っていたようですが、甘いです。

駆除できたと思っていたノミが、薬を振ってもらってから次から次へとうじょうじょ体から出てきました。

成猫となると、フロントラインという首元に滴下するスポットタイプのお薬の処方や、飲み薬の処方、注射をうったりする方法をとられるようです。

注射の場合・・・

注射の効能は約6か月間予防効果が持続。(プログラム注射薬といいます)

ただし、成虫の前段階での駆除であり、成虫には効かないため、他の駆除方法との併用が望ましい。 引用第2回 犬猫のノミ関連製品編」より

飲み薬の場合・・・

プログラムA錠:猫に飲ませて30分で効果を発揮し、6時間以内に駆除が完了します。⇒1日のみ効果持続、効果はノミ駆除(成虫駆除)のみ

引用 ノミ・ダニ駆除薬とグッズより

プログラム液:月に1度、猫のご飯に混ぜて、経口投与します。⇒成虫にはきかず、ノミの卵や幼虫発育・さなぎを阻害するもので、1か月効果は持続します。

飲み薬は1500円ほどで処方されます。

薬タイプは、体内からネコノミを駆除することができるので、毛繕いなどによるノミ駆除効果の薄まりを心配する必要はなし。

安全性も高く、錠剤や液体の飲み薬なので比較的簡単に治療できるが、それぞれ成虫のみ・幼虫等の発育阻害のみによるため、単独使用では充分な効果が得られないのがネック

液体滴下タイプの場合・・・

「アドバンテージ(スポットのみ)」と「フロントライン(スポットとスプレータイプ)」の2種類がある。

>>アドバンテージの場合:首筋に垂らすと、約8~12時間以内に駆除完了し、効果は約1ヵ月もちます。生後1ヶ月半から使用可能ですが、マダニには効果がありません。シャンプー後もすぐに使えます。

>>フロントラインの場合:首筋に垂らすだけで、約18時間で駆除完了。ただし、生後12週齢以上の猫に飲み使用可能(スプレータイプは子猫(生後2日齢以上猫)もOK!約4時間で駆除完了。効果はノミに約1~2ヶ月間、マダニに約1ヶ月間有効。)
投与前後2日間は水浴やシャンプーを行わない。

フロントラインは、即効性があり、ノミは翌日には全滅しますし、猫は体重制限がないのと、ダニにも効果あるのでとても良いです。

滴下タイプのお薬は、だいたい1本1000円程度で、一番オーソドックスな方法。

それぞれの特徴を書いてみました。

ゆきち
獣医さんの評価も含め、総合的にみると、フロントラインが一番よさそうです。

猫を実際に飼ってらっしゃる方も、これを使われてる人多いんじゃないでしょうか。

フロントラインのメリット
  • 価格が安い
  • 自宅で簡単に投与できる(背中など猫が舐められない場所に滴下)
  • ノミもダニも駆除できる
  • すぐに駆除可能
  • 卵も成虫も幼虫も、どの段階でも効く

フロントラインはこれ↓

ゆきち
うちで飼っている猫たちも、うずらちゃんを拾った後は、念の為にノミダニの駆除のフロントライン(スポットタイプ)を処方してもらい、滴下しました。

子猫にシュッシュとノミダニ駆除のスプレーをしたあとは、3日は最低でもお風呂に入れないで下さいと言われました。

(効果が薄れてしまうからだそうです。できれば、お風呂に入れる前に連れてきてシュッシュした方がよかったようです)

さて、ノミダニ駆除に関する注意点は、とにかく、早めに対策の手を打つことが大事です。

猫ノミは成虫1匹で、1日のうちになんと4個〜20個もの卵を産むと言われているため、早くしないとどんどん増えてしまいます。

また、取り除いたノミは、手でつぶさないようにして、櫛でそっととりのぞいたり、体についているものは、セロテープなどの粘着テープでとりのぞきます。

ゆきち
潰すと、卵を飛び散らせてしまう可能性があるからです。

②検便をする

これは私が怠っていたというか知識がなかった部分です。

まず、野良猫を拾ったら、ねこちゃんの便を病院に持って行って検査してもらいましょう。

猫回虫などの寄生虫がお腹の中に住んでいる可能性があるからです!

虫の種類は色々ありますが、リアルな話をすると、ミミズみたいなのがいっぱい寄生していました(絶句)

ゆきち
実際、うちのうずらちゃんは寄生虫がいて、それも飼い始めてから1か月以上たってから気付いたのです・・・

寄生虫がいたり、数が増えたりすると、猫の体調にも悪影響を及ぼしますし、先住猫にもうつります。

実際にどのような感じで虫がいることが発覚したのか、虫下しはどのようにしたのか、その処置の金額、先住猫への影響などについては、別の記事でお話ししますね。

③血液検査・予防接種

猫が何らかの病気や感染症にかかっていないかを確認するために、血液検査をします。

血液検査でわかる病気は色々あり、その調べる項目の数によって、値段も前後します。

ゆきち
こちらも、詳しい検査方法等については、後ほど体験談をまとめた記事を書ければなと思います^^

④去勢・避妊手術

子猫のうちはまだ手術はできませんが、生後6か月以上がたった猫の場合は、去勢・避妊手術を受けさせることをお勧めします。

なんだか猫の体にメスを入れるのは抵抗がある・・・と思われるのは至極まっとうなのですが、実は手術してあげたほうが、猫にとっても家猫として過ごすためには快適で良い面がたくさんあるんです。

うちのルーンちゃんの実際の避妊手術の経験や、その効果については、こちらの記事でご紹介しておりますので、ご覧くださいませ。

手術の必要性や値段についてはこちら↓

【体験談】猫の避妊手術はナゼ必要?費用は?期間は?何歳から?に答えます!

避妊手術のやり方や、その後の経過についてはこちら↓

猫 避妊手術 術後 猫の避妊手術のやり方・手術痕は?手術したのにさかる可能性も…病院選びが肝心!

去勢・避妊手術をすると性格が変わるというが・・・その実態についてはこちら↓

猫 避妊手術 性格 体験談│猫は避妊手術後に性格が変わる?凶暴になるのか大人しくなるのかうちの雌猫の実態を共有します!

もしもダニノミ対策をせずに家にあげてしまったら・・・

特に対策をしないまま、保護した猫ちゃんを家に上げてしまった場合、家にもノミとダニが上がり込んでいる可能性もあります。

既に先住猫を飼っている場合は、特に注意しないと、その猫ちゃんにも映ってしまう可能性があるからです。

すぐに掃除機をかけたり、洗濯をしたりと家全体を掃除する必要があります。

もしも面倒な場合や不安な場合、確実に駆除したい場合は、プロに頼ってもいいでしょう。

家中に潜むダニ・ノミをプロが撃退!【衛生害虫110番】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

野良猫を保護したら、まずにすべきことをご紹介してみました。

とにかく頼るべきものはまず動物病院!

それから必要な対処などをおうかがいすればOKです。動物のプロフェッショナルですからね、安心して大丈夫です。

この経験が少しでも役立てば幸いです^^

◆シャンプー

◆ノミとりくし

◆フロントライン(ノミダニ駆除薬)

◆保護する前に・猫を飼う前に準備しておきたいものリスト!

野良猫を保護&初めて猫を飼い始めた人が買うべき我が家のおすすめ必要なものまとめ

あわせて読みたい!

猫 便秘 解消 治った 消化器サポート完結編!ひどい猫の便秘が完全に治った!おすすめの解消法はエサをアレに替えるだけでした 猫 おもちゃ おすすめ 遊ばない 遊ぶ 必要飽きる&遊ばない猫に効果的なおすすめのおもちゃ5選とうまく遊ばせる方法 猫 噛む力 本気 強い 直し方実際に猫の噛み癖が直り本気で噛むのをやめさせられたしつけを紹介!噛む理由は?│おすすめのおもちゃも・大人も可