X’masはもうすぐそこに

【おススメ】うちの猫に人気なおもちゃ紹介!これで運動不足解消・健康に!

こんにちは。諭吉です。

サムネイルのロシアンちゃん,宇宙人ばりに瞳の大きさ大きすぎません?(笑)

おもちゃで遊んでいる時に撮ったんですが,暗い上におもちゃで興奮してほぼ黒目のみになってしまいました(笑)

今日はロシアンちゃんとしろくろくんが大好きなおもちゃを紹介したいと思います^^

基本的にロシアンちゃんはどんなおもちゃでも食いつきます(笑)

くろくんはおもちゃに強いこだわりがあり,本当に気に入ったものでしか遊ばないので正反対ですね(笑)

ただ,ロシアンちゃんにも好き・それほどでもないといった食いつき度合いには違いがあります。

今日はその中でも特にお気に入りのものを1つ紹介します。

しかもこのおもちゃだとこだわり強いくろくんもたまに遊んでくれるんです!

我が家にはなくてはならないおもちゃです!!!

それに,愛猫ちゃんにとって運動は食事や睡眠とともに必要不可欠です。

特に避妊・去勢手術をすると,エネルギーの消費量が減って肥満に繋がりやすいです。

肥満になると様々な健康障害が出てくる可能性が高くなるので,毎日しっかり遊んであげるようにしてください!

是非参考になれば嬉しいです!

うちの猫がお気に入りのおもちゃはコレ!

結構有名なおもちゃだと思うので,既にお持ちの方も多いかもしれません。

うちの猫どもが好きなおもちゃはコレです!!

猫 おもちゃ LED

ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

この見た目も可愛いですよね^^

猫的には遊ぶうえで,見た目はあまり関係ないかもしれませんが,飼い主目線ではテンションがあがる嬉しいフォルムです♪

しかも,ライトで照らしてみると・・・照らした光の形が「ネズミ」型になってるんです!!

ちょっとぼやけて見づらいですが・・・!

猫的には気づかないと思いますが,細部まで凝ってますよね!!!可愛い!!!

さて,このおもちゃには,この他にも是非猫飼いさんたちにおすすめしたいポイントが3つありますので順に紹介しますね☆

諭吉のLEDポインターおススメのポイント

まず1つめは,簡単に遊べるという点

遊び方は,ボタンをぽちっと押すと,先から赤いライトが点くので,これを床や壁に照らしながら,色々な方向に動かして遊んであげるだけです!

とっても簡単ですよね♪

もちろんねこじゃらしで遊ぶのも簡単なのですが,遊び方にこだわりのある子の場合,少し難しい時もあります。

ロシアンちゃんはねこじゃらし(棒の先にふわふわがついている,あの,正真正銘のねこじゃらし)を目の前でひらひらさせたり,床の上で8の字を書くだけで簡単に食いついてくれるので問題ないのですが(笑),しろくろくんやくろくんの場合は,そんなことでは遊んでくれません。

クッションの下にねこじゃらしを隠してもそもそさせてみたり,絶妙に見えるようで見えないところに隠しながらチラチラさせてみたり,動きをゆっくりにしてみたり,止めてみたり・・・と工夫を凝らして動かさないと遊んでくれないんです(;^_^A

そういう猫ちゃんも多いのではないでしょうか?

でも,このライトなら,動くのが良くわかるからでしょうか,特に難しい動きをしなくても食いついてくれます。

8の字に動かしてみたり,右左といったりきたり動かしてみたり・・・

床を照らしてみたり,壁を照らしてみたり。

それだけで十分食いついてくれます!!

おススメのポイント2つめは,ダイナミックな動きができるところです。

先ほども例にあげたねこじゃらしや,糸やゴムの先におもちゃがついたねこじゃらしだと,人間が持ってあそんであげるので,可動域が限られてしまいます。

飼い主のせいぜい半径1~2メートル以内のみしか動くことになりません。

そうなると,満足しない猫ちゃんもいるのではないでしょうか?

うちのロシアンがそうです。

活発な性格ゆえか,家じゅうを走り回って遊びたがるタイプなのです(;^_^A

そういう時,ねこじゃらしだとなかなかダイナミックに遊べませんが,このライトなら自由自在です♪

自分の足元近くを照らすことももちろん可能ですが,数メートル先くらいなら,灯りも消えずにしっかりうつります。

ライトって,暗いところじゃないと見えないんじゃないの?と思われがちですが,このライトは赤く光るので,日中でも良く見えるので大丈夫です!

このライトで数メートル先をいったりきたり照らしてあげれば,猫ちゃんの運動は結構ハードになります。

活発なロシアンちゃんでも,数回往復すれば,へたっています(笑) 20mシャトルランみたいです(笑)

こんな感じで,ねこじゃらしなどのおもちゃではなし得ないダイナミックな運動が出来てしまいます!

飼い主さん的にも,ずっとねこじゃらしで遊んでいると疲れてきますよね・・・

諭吉はすぐに右腕がだるくなって,左手にかえて遊んだりと,苦戦していました(;^_^A

15分くらい(休み休みで)は最低1回で遊ばせるのですが,15分間ずっと手を動かしているって結構しんどい・・・

でもこのライトなら,手首のスナップをきかせる程度なので,全然しんどくありません♪

飼い主さん的にはラクラク,猫ちゃん的にはがっつり運動できちゃうんです。

これで猫ちゃんもストレスしらず,夜もぐっすり快眠です!!!(笑)

おすすめポイント3つめは,長く使える点です。コスパがいいともいえますね。

猫じゃらしだと安いもので100円ショップで売られていたり,通販などで50円くらいで売っているボールがあったりしますよね。

とはいえ,カジカジかじって遊んでいるうちにさきっぽがとれてしまったり,家具の隙間にボールを入れちゃったりと,意外に消耗が早いです。

糸やゴムの先におもちゃがついていて,おもちゃを取り換えられるタイプのねこじゃらしも売っていますが,少々お高めですし,糸やゴムの部分を噛みちぎられてしまったら終わりです・・・

うちのくろくんは紐が大好きなので,こういうタイプのおもちゃを手に届くところにおいておくと,カジカジしがんで噛みちぎってしまいます!

そうすると誤飲の恐れもありますからね・・・

このライトなら,電池さえ交換すれば半永久的に使えます!!

電池が替えられなくて,使い捨てだとコスパが悪いですが,これは電池交換可能なのでコスパ良し!です!!

ただ,1つだけ難点をいうとすると,電池の形状が単四電池なこと。

ボタン電池よりは安いし,大抵どこでも売ってるのでお手頃かなあとは思うのですが。

あわよくば単三にして欲しかった・・・

といったくらいですかね。

他に使われている方のレビューは?

なんとAmazonでは,現在360ものレビューが寄せられています。

しかも光物のおもちゃの中では堂々の1位・・・!

これは諭吉がわざわざ紹介するまでもなく,皆さん既にお使いかもしれませんね(;^_^A 笑

実際に使われている方たちの評価は如何ほどか,見てみましょう!

まずは良いレビューから

昼間の室内(薄暗い程度)でもじゅうぶん遊べました。
すごい勢いで追いかけ回し、タワーに上ります。ライトが消えると不思議そうにきょろきょろしています。
うちの猫には合っていたようです。
肉球のデザインも可愛い。

毎日、猫さまの運動と熟睡のため、猫じゃらしを振り回し、動き回り、でもすぐ飽きられて、疲弊しきっていたところこれを購入。見た目で選びました。
手首をちょいちょい動かすだけで猫が目の色を変えて走り回ります。ゼェゼェいってます。その姿がとても必死で可愛くて、見てるこちらも楽しくなります。あらためて猫という生き物の愛らしさ、おかしさに触れることができるのでおすすめです。
生き物だと思ってるのかな?たまにこっちを見ますが。

やっぱりどこの飼い主様も同じようなことを考えていらっしゃるのですね(笑) うちと全く同じです!

アメショーとノルウェージャンの多頭飼いです。
このにゃんだろー光線はふたりとも大好きで、光を奪い合うように追いかけてます。
このおもちゃは飽きが来るのが遅いように思います。
もう長いこと遊ばせてますが、飽きないです。

射程は昼間の明るいところで2mぐらいです。それ以上は光が薄れてしまいます。
暗いところならもうちょっと先まで行けるかもしれません。
しかし、これでも部屋の中で遊ぶには十分です。

レーザーじゃなくてLEDなので目に安全ですね。
試しに自分の目に至近距離から一瞬だけ当ててみましたが、視力に障害が出たりはしませんでした。
ただそれでもかなりまぶしく、頭がクラクラして目がくらんだので、できるだけ猫ちゃんの目には当てない方が良いと思います。

そうなんですよね。レーザーポインターだと猫ちゃんの目にもし誤って照射してしまうと大変ですが,LEDなので安心・安全です

ただ,こちらの方もおっしゃってますが,故意に猫ちゃんにあてたり,長時間あてないようには注意すべきかと思います。

夜寝る前、部屋を暗くしてこれで床を照らしたり壁を照らしたりと
良い運動になっていて、熟睡してくれるのが何よりです
LEDなので目に一瞬あたってヒヤッてこともないし、
なにより単4電池に取り換えることが簡単にできるので
長く使えそうです。
今のところ、おもちゃの中で断トツ1位の座をしめてます。

さて,お次はあまり良くなかったというレビューを見てみましょう。

届いてすぐ、付属の単四電池を装着して試しに二、三度光らせてみただけで、その後光らなくなりました。
付属の電池が古かったのかな?と思い、新しく電池を購入して装着したのですが、それでも光らず。
愛猫遊ぶことなく使い物にならなくなった商品に、とても残念な気持ちになりました。
もう購入することはないでしょう。

これは,おもちゃそのものが不良品だったという意見ですね。

実はこういった意見が結構多くてびっくりしました。

諭吉も,実家もAmazonから購入しましたが特に問題なく使えています。

当たり外れがあるということでしょうか・・・

そうだとしたらとても残念ですよね。

ちなみにうちは昨年の10月に購入しましたが,まだ1度しか電池は変えたことがありませんが,綺麗に映って使えています。

段々赤い光がうすーくなってくるんですが,そうなると,「あ,電池切れだな」と思っています。

新しい電池にかえるとしっかりくっきり映ってくれますよ。

全然反応してくれませんでした、うちの二歳の猫は。まあ、そういうこともあると思ってください。

こちらはおもちゃ自体に食いついてくれなかったという飼い主様のご意見。

確かにそれは個体差があるので,食いつかない子もいるかもしれません・・・

うちはありがたいことに3匹とも食いつきますが,くろくんは他の2匹に比べるとやはりあまり食いつきはよくありません。

影を追うよりは,実物のヒモを追った方が楽しいようです。

これはやっぱり個人の嗜好によりますね~(+o+)

これらの意見も踏まえて考えてみたデメリットとおススメの遊び方

こうしてみると,もちろんデメリットも存在しますね。

まず,食いつかない場合がある

これは確かに買う前に判別するのは難しいですよね・・・

諭吉も昔,くろくんに数千円するおもちゃを貢いだことがありますが,ニオイを1度臭っただけで見向きもされませんでした・・・(笑)

その後それは粗大ごみとしてだされ,一部分だけを再利用して(そのおもちゃについていたオブジェ的な部分をちぎって)使われていました・・・(´;ω;`)

他にもあれやこれやと買ってみたものの,ほとんど食いつかず(けりけりのぬいぐるみや,電池で動く虫みたいなもの)結局ただのヒモの方が食いつきがよかったという経験があります・・・

なのでこればかりは試してみないとわからないかもしれませんね。

もう一つは,光が薄くて見えづらいという点

私は家の構造上,昼間だからと言って部屋の中にさんさんと太陽の光がふりそそがれまくる!という家ではないので,特に気にしたこともなかったのですが,人によってはライトが薄いと感じられる方もいらっしゃったようでした。

これももしかしたら不良品の可能性もあるかもしれませんね。

確かに電池が少なくなってくると結構赤色が薄くなってきて,昼間や,夜電気をつけた状態だとかなり薄くてロシアンちゃんも見失ってしまうことが多々あったりしました。

その光の薄さが気になる方だったら,レーザーポインターの方がいいのかもしれません。

ただ,レーザーポインターは猫ちゃんの目に害を与える危険性も高いので,そこは熟考し,安全に配慮した上で遊んであげてくださいね。

最後に,実体のないものを追っていて猫ちゃんがストレスになるのではないか,という点。

確かに,物理的にねこじゃらしで遊んでいると,捕まえた!という感覚を味わうことが可能ですが,ライトだと捕まえられたかどうかが猫ちゃん的にはなくてしっくりこないと感じる猫ちゃんもいるのではないかなと思います。

うちのくろくんがそのパターンかなと思います。

なので,そういった時は,遊び方に少しだけコツがあります。

あくまで諭吉式なので,公式ではありませんが,ご紹介しますね。

猫ちゃんが実際に捕まえたかも!と思わせるために,あえて光を猫ちゃんの手元から動かさなくする瞬間を作ります。

何度か右,左,上,下,や8の字に動かしますが,猫ちゃんがぱっと手を出したり,両手で光を抑えるそぶりをみせたら,そのうちの数回は「あー!捕まっちゃったー!」的な感じで猫ちゃんの手の近くに光を止めてあげるのです。

そうすると,「やった!捕まえたかも!」と思い,ストレスを感じさせずに遊ぶことができます。

あまりにも高速で動かしすぎたり,動かしっぱなしで止めなかったりすると,確かに猫ちゃんも達成感がなくストレスが溜まったり不満が蓄積されてしまうかもしれません。

なので,なにごとも緩急が大切です。

ずっと動かしてばかりではなく,とめてあげることも大事。

ずっと早く動かしてばかりではなく,ときにはゆっくりと。

動かし方もずっと左右ではなく,回転させたり8の字を描いてあげたり。

諭吉はいつもそういう風に遊んでいます。

また,ロシアンちゃんは隠れたものにアタックするのが好きなので,あえて家具の下や布団の間にライトを動かしていき,中に入るくらいのタイミングでライトを消します。

すると,ライトが実際にタンスの下や布団の中に入っていったと勘違いするのです!

ロシアンちゃんはしっかり待ち伏せ。

早くでてこないかな~と長い間待ちますが,諭吉もじっと我慢します。

すると,しびれをきらしたロシアンちゃんは,お尻をフリフリして・・・

突撃~!!!

光があると信じている家具や布団に突進します(笑)

突進したと同時に,また光をオンにして「逃げろ~!」って感じで動かします。

そうすると長く飽きることなく遊んでくれますし,達成感も感じやすいのではないでしょうか。

以上諭吉のおススメの遊び方でした!

まとめ

  • ねこじゃらしより広範囲でダイナミックに遊べる
  • 運動不足解消に最適
  • レーザーポインターよりは安全・安心に遊べる
  • 粗悪品に注意
  • 食いつかない猫ちゃんも中にはいる

いかがでしたか?

「うちの猫はなかなかねこじゃらしに食いついてくれない・・・」という猫ちゃんなら,もしかしたらライトタイプの方が遊ぶのが好きかもしれません!

一度試して見られる価値はあるかなと思います^^

人間もラクに,そして猫ちゃんも運動不足解消して,ぐっすり快眠を目指しましょう~!

 

きょうも きみのにゃんこポイントが 1ポイント あがった!