X’masはもうすぐそこに

家にあるモノでお店の様なホットケーキを家でふわふわに焼くコツとレシピ

ホットケーキふわふわ

こんにちは。食べることが大好きな諭吉です。

ダイエットをしているにも関わらず、甘いものがついつい食べたくなっちゃう~

と毎日思っています(笑)

そんな私の大好物の1つが「ホットケーキ」です。

お店にいってお洒落で美味しいパンケーキを食べるのももちろん大好きですが、頻繁に食べたくなっちゃうので(笑)よく家で自分で焼いて食べています。

でもなかなかお店みたいなしっとりふわふわなホットケーキにならないんですよね~

しかし、ある日ホットケーキを作ったときにいつもの材料に、家にある「あるモノ」を加えたら、焼きたてなのにいつもパサパサしていた生地が、しっっっっっとりしたんです!!!!

すごくおいしかった~~^^

というか今までこれを入れずにずっとパサパサホットケーキを食べてきたことを全力で後悔しました・・・

今まで人生損してた~!と思っちゃいました。

私と同じように「もっと美味しいホットケーキを家で焼けるようになりたい!」という方に、是非とも試してみてほしい!と思い、今日はそのレシピをご紹介したいと思います^^

ゆきち

バターをしっかりぬって、メープルシロップをたっっっぷりかけたホットケーキって最高ですよね!!

身近なあるものを少ーしいれるだけで、美味しいホットケーキを手軽に家でやけちゃいますよ!

是非お試しください!

ふわふわしっとりなホットケーキを簡単に焼く方法

ホットケーキ材料

スーパーとかに売っているホットケーキミックスを用意します。

色々なメーカーから様々なホットケーキミックスが発売されていますが、どれでも構いません^^

諭吉はいつも安くて大容量のミックス粉を使ってます(たくさん食べたいので)

それくらい安いのでもとても美味しく焼けるので大丈夫です♪

では、さっそく焼いていきましょう!

ホットケーキミックスの裏に書いてあるホットケーキのレシピ通りの材料を用意します。

それぞれのメーカーによって多少異なるかと思いますが、諭吉がいつも使っている分量だと、

卵1個(Mサイズ)と牛乳150ccにホットケーキ粉1袋(200g)を使って作っています。

卵と牛乳を混ぜてから、ホットケーキの粉を少しずついれて混ぜます。

ただ、混ぜすぎないように注意です!生地が膨らみにくくなってしまうからです。

そして、ここで魔法のアイテム登場です!

ヨーグルトを大きなスプーンで3杯ほど(約80ℊほど)入れるんです!!

ヨーグルト ホットケーキ

諭吉は多めに入れる(4~5杯くらい(100gほど))のが好きですが、ここは好みで量を調節してください^^

3杯くらいが標準かなと思います。

たったこれだけです!騙された~と思ってやってみてください^^

あとはフライパンにバターを敷いて、両面を焼いて、完成でーす!

ほんとにふわっふわ、しっとりです!!!

同じ粉で焼いているとは到底思えないくらい変わりますよ!

この方法で焼くまでもこの粉を使って焼いていたんですが、全く別物です。もっと早くからやっておけばよかった・・・

たまたまヨーグルトが少しだけ余っていて、賞味期限も近いし・・・一緒に入れて焼いちゃえ!と思って入れたのですが(笑)大正解でした♪

他にもしっとり焼ける方法はあるのかな~と思って調べてみました。

すると、マヨネーズもふわふわに仕上げる隠しワザになるそうです!!!へぇ~意外!

大さじ1杯ほどを生地に入れて混ぜ、焼くといいのだそうです。すっごくふわふわに膨らむそうですよ^^

ヨーグルトも確かに膨らむのは膨らむのですが、それよりも私のおススメポイントとしては、口当たりを柔らかくジューシーにしてくれるという点が特筆すべき点かなと思います。

なのでマヨネーズと合わせて焼けば、更にふわふわしっとりかつ分厚いホットケーキが焼けちゃうかもしれません!!今度やってみよう^^

でもなんでヨーグルトやマヨネーズを入れるだけで今までとは違って美味しくなるのでしょうか?

気になったのでちょっと調べてみたんですが、とても面白かったですよ!

何故ヨーグルトやマヨネーズを入れると美味しく焼けるのか?

マヨネーズ ホットケーキ以

マヨネーズといえば、キューピーさんです。

なんとキューピーさんの公式ホームページでも「ホットケーキをふんわり焼くコツ」としてマヨネーズを入れるレシピを公開されていました。

なぜ、マヨネーズを入れるとふんわりするかというと、

生地にマヨネーズを混ぜて焼くと、乳化された植物油や酢がグルテンの形成に影響を与えるため、生地がふくらみやすく、やわらかになります。さらに表面はサクッとした食感に。

とのことです。

なんだか難しそうなことを言っていますが、要するにマヨネーズに含まれている油分やお酢が、生地が硬くなってしまうのを防いでくれる、ということです。

また、美味しく焼き上げるワンポイントとして、裏面を焼く際はフタをして蒸し焼きのよう焼くと、より一層ふんわりと仕上げることができるそうです。いいこと聞きました。

では、ヨーグルトはなぜなのでしょう。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア」さんによると、ヨーグルトに含まれる酸とミックス粉に含まれるベーキングパウダー(重曹)が科学反応を起こすからだそうです。

プレーンヨーグルトを食べたことがある人はわかると思いますが、ちょっと酸っぱいですよね。ということは酸が含まれているわけです。

ホットケーキのミックス粉にはもともとホットケーキが膨らむようにベーキングパウダー(重曹)が含まれています。このベーキングパウダーとヨーグルトの酸が反応して二酸化炭素が発生するのだそうです。

よって、通常よりもふわふわに膨らみやすいということなのでしょうね。

焼くときに表面がプツプツしますよね。あれは生地内の二酸化炭素がプツプツしているんですよ。なるほど~

ただ、焼き方にも注意が必要なのだそうです。

この反応は混ぜ合わせるとすぐに起き始めるので、ふわふわしたホットケーキを焼き上げたければ、ヨーグルトを混ぜ入れてすぐに焼かないといけないそうです。

生地を作り置きとかした場合は、反応が既に終わってしまって膨らまなくなってしまうかもしれませんね。

また、ヨーグルトの水分が多いことも、ふわふわを妨げる原因になりうるかもとのこと。知恵袋でなぜ膨らまないの?と質問されている方がいらっしゃいました。

私はとくに水切りなどせずに焼きましたが、美味しかったです。確かに超分厚い!!!って感じには焼けませんでしたが、水分がある分しっとりしていてとても美味しかったです!

私は牛乳とヨーグルトの両方をいれましたが、ヨーグルトの量を増やして、牛乳をその分減らすもしくは完全にヨーグルトのみを牛乳の分量通りいれて代用してしまう方がより膨らむようです。水分が少ないから膨らみやすいのでしょうか。

全量ヨーグルトに替えて作るとほんのりヨーグルトの風味がするようなので、そのあたりはお好みでご調整ください^^

牛乳ではなく豆乳を使ったり、お豆腐を混ぜたりしてもふわふわもちもちして美味しいのだそうです!(知恵袋で回答された方がおっしゃっていました)私も試してみます^^

豆乳ならヘルシーだし、牛乳アレルギーの方にもいいですね。今はいろんな味の豆乳が出ていますから、風味を変えられるのも面白いかも!?

ちなみにクックパッドでお豆腐を混ぜたホットケーキのレシピを公開している方がいらっしゃいました。参考にのせさせていただきますので、ご興味ある方は参考にされてください~☆

まとめ

  • ヨーグルトを入れるとしっとりジューシーに!
  • マヨネーズを入れるとさらにふんわり♪
  • 生地の混ぜすぎには注意、生地を混ぜたらすぐに焼くこと!
  • ヨーグルトの分量はお好みで

いかがでしたか?

ほんの少しプラスするだけで、本当に見違えるほど美味しくなりますので是非お試しいただきたいです!!

ヨーグルトやマヨネーズを入れてお家でもお店みたいに美味しいホットケーキを焼きましょう~

きょうも きみのかしこさが 1ポイント あがった!