X’masはもうすぐそこに

【2018自分で検証してみた】グーグルアドセンスに落ちた…記事数や文字数は?

アドセンス 落ちた 2018

こんにちは。諭吉です。

挨拶して早々で申し訳ないのですが、久し振りに凹んでます。

私は昔から活字中毒でありますので、文字を読むことも書くことも割と厭わないタイプなのですが、

今日はかなり珍しく、書く気が進んでおりません・・・

毎日必ず最低1記事は投稿しているのですが、今日はそれが叶わず明日へ持ち越しになる可能性大です・・・申し訳ございません。(やっぱりこの日に書ききれず、次の日公開となりました(笑))

その上、いつもは猫ちゃんのお話か受験勉強のお話をしているのですが、今日は少し小難しいと思われるかもしれないお話をします。

諭吉の愚痴だと思って聞いて頂けると幸いです・・・

またただの愚痴ではなく、今後諭吉と同じ壁にぶつかった方へのエール・心の支えとなれればと思い記事にすることに決めました。

また、同じ状況に陥った方が参考にすることでこのツライ状態を打破できるような情報を共有出来たら、と思います。

Google Adsenseに落ちた・・・

一体なんのことで落ち込んでごたごた言っているんだ、ということですが、「Google AdSense(アドセンス)」というものに関してです。

より多くの人に有益な記事を投稿し、充実したサイトを作っていくための第一関門として自分に課していたノルマかつハードルでしたが、やはりそんなに甘いものではありませんでした・・・

ネットやTwitter上では、「Googleアドセンスの審査が難しい!」「何回も審査に落ちている!!!」「一体どこを直せばいいんだよおぉ!!!!」などといった声にならない叫びを耳に(目に?)する訳です。

私ももれなく該当しました(笑)

申請したもののバッサリ却下されました(笑)

私も叫んだわけです。「どうすれば承認されるんだよおおおぅ!!!!!」と。

そして、死に物狂いで「どうして落ちたのか」「どうやって改善すれば承認されるのか」とネット上の情報や体験談を読み漁ることとなります。

私がこうした行動に出たように、きっと申請が承認されなかった人は「申請に受かるための条件」というノウハウや、「申請に受かるまでの道のり」といった体験談が喉から手が出るほど欲しい!知りたい!!読みたい!!!と思うのではないかと思うのです。

ですので、私のこの体験も誰かの起爆剤となれるかもしれない、「落ちたのはあなただけじゃない!ここに仲間がいるよ!」と勇気づけられたなら、と思い、私の体験談も書くことにいたしました。

どこかで誰かのお役に立てれば幸いです。

さあ、Adsenseに初挑戦!!その時の私の状況は

サイトの具体的な状況

さて、審査を受けたときの私のサイトの具体的な状態を明記します。

Googleアドセンスの審査方法などについては、この記事では省略させて頂きます。

たいへんお手数ではありますが、各自公式サイトなどで詳細が説明されておりますので、そちらをご確認頂ければと思います。

私の申請時の状態は以下の通りです。

  • 記事数:16ほど
  • 文字数:1500~4000字(平均大体3000字くらいでしょうか)
  • 外部リンク:貼りまくりです。参考にさせて頂きました記事はそちらもご覧になってほしいのでもれなく貼っています
  • PV数:ほぼなし(大体平均1日40くらいでしょうか)
  • 画像:貼りまくりです。サムネや記事内挿入に使っています。自分で撮影した写真と無料でかつ商用利用も可のフリー素材を使っています。
  • 埋め込み(Twitterのつぶやきとかの挿入):あり(YouTubeのみ動画を挿入していますあ(2記事))
  • 記事の体系:h2~h4の見出しをつけて目次も作っています
  • アドセンス以外の広告:参考用に楽天のリンクを貼っています(2記事のみ)
  • プライバシーポリシー:設置済み
  • サイトマップ:設置済み
  • その他の環境:Googleアナリティクスとコンソールは登録・リンク済み
  • 固有名詞:ガンガン出してます
  • 内容:日記系ではなく体験談ですね。ためになるような記事になればと思い作成していました。
  • 運営期間:今年の6月に始めたので、まだ2週間足らずくらいで申請しました
  • プロフィール欄:作成しました
  • お問い合わせ:こちらもフォームを作成していました

といった感じですね。

申請自体は6月中旬頃に行いました。

申請を出している間も1日2~3記事ずつそれまでと変わらず日々欠かさず更新していました。

審査結果がでるまで~全然審査結果の連絡が来ない!?~

審査結果が出るまでの時間ですが、これは本当に人によりけりみたいですね。

早い方なんか、落ちた受かったに関係なく申請後数時間で結果が出た方もいるようです。

「さめって参る!」さんはGoogleアドセンスに申し込んでから審査結果が届くまでの期間がどれくらいだったかについてのアンケートを318人の方に実施しています。

その結果、一番多かった意見が「3日~1週間」。その次が「当日~翌日」、半数以上の方が1週間以内には結果が届いたとのことでした。詳しくはコチラをご覧ください♪ 

参考 【2018年アンケ実施】審査期間・記事数は?GoogleAdSense(アドセンス)の審査を通過しました!さめって参る!

さて、諭吉はというと、「3週間」かかりました(笑)

いや、ホント忘れられてるんだなと思ってました(笑)

申請するには、テーマのテーマヘッダーっていうところに指定されたコードを貼付ける必要があるのですが、

それがもしかしてうまく貼り付けられていない?!と思い、毎日サイトを開くたびに確認しました。

というのも、申請してコードを貼り付けた(はず)の翌日18時ごろに、Googleさまから「ちゃんとコードを貼ってくださいね、そしたら審査しますよ」的なメールが来ていたんです。

え!?貼ったんだけどなぁ・・・まさか貼れてなかったの??

念の為確認しましたが、やはりちゃんと貼ってあります。

まあまあ、ここはじっくり腰を据えて慌てず焦らず待とう。と思い、記事を書くことに専念。

とはいっても待てど暮らせど連絡は来ない・・・

コンテンツ的にもそんなに記事数が多いわけではないので、まあまあすぐ結果が出るかな~と思っていたのですが・・・

ネットで同様の人がいるか、検索。

そうすると、審査の結果がでるまで1か月もかかったという人の記事にたどり着きました。

しかもPV数が少なかったり設立して間もないサイトだったりすると審査に時間がかかるなんて情報も見受けられ。

なので、私ももしかしたら時間がかかっているのかもしれないなぁ、よしよし、じゃあもう少し待ちましょう。

・・・でもやっぱり不安(笑)

ということで、2週間ほど待ったある日、アドセンスに関してプロの方(?)が有志でお答えしてくださる質問板にて、

「審査結果が来ないんですけど、もしかしてコードの貼る場所間違えてちゃんと貼れてなかったりしますか・・・」

とおそるおそる質問させて頂きました。

するとすぐにご丁寧にお返事を頂き、「貼り付けている場所は間違えていないよ」とのこと。

ですよねぇ~・・・ま、気長に待ちましょうか。ということで、お礼を言ってまた記事書きに没頭・・・

でもやっぱ来ない(笑)

申請から3週間経とうとしていたある日、ネットでもう一度検索すると、「2週間経っても連絡が来なかったらここに連絡したらいいよ~」とフォームを貼ってくださっていたサイト(記事)を発見。

そのフォームはコチラ

こちらから急かすと落とされるかも!という記事も同時に見受けられたのですが、「いや、もう落とすならいっそ早く落としてくれ!!!そうしないとまた再度申請するまでの間もあけなきゃいけないし、いつまでたってもアドセンスの許可をもらえない!!!」と切羽詰まった私は、そのフォームから「3週間ほど前に申請したんですけど・・・結果がまだ来ていません・・・どうでしょうか・・・」とかなり丁重に下からお願い申し上げました。ぽちっと。

そしたら、なんと数時間後にGoogleさまからメールが!!!

はい~不合格でした~~(チーン)

(いや絶対送るの忘れられてたでしょ(笑)そんな数時間ですぐ結果出せちゃうならなぜ3週間も待たせたのさ(笑))

まぁ、気を取り直して・・・(笑)

そのときに頂いたメールは以下のような内容でした。

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。

承認されなかった理由は次のとおりです。

Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。Google の目標は、質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することです。お客様のサイトは、現在この基準を満たしていないと判断いたしました。

次のヒントを参考に、サイトでのユーザーの利便性を高め、AdSense の要件を満たすようにしてください。

  • Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
  • 自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
  • サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

とのことでした。ガビーン。

ブログを開始してからそんなに時間は経っていませんでしたが、結構一生懸命書いてきました。

まあ自分の好きな猫の事を中心に書いているとはいえ、「見て~!うちの子可愛いでしょ~!」っていう内容ではなく、うちの猫がかかった病気の経験から、どういう風に予防したらいいかとか、どうやったら嫌がられずに抱っこできるかと、少しでも読んでくださった人の参考になればと思い、日々せっせと記事を書いていました。

それが、「質の高い有用なコンテンツではない」とバッサリ。

まあまあ堪えました(笑)

まあ要するに、「お前のサイトはおもんないし個性がないから人の役には一切たってない。そんなサイトに広告なんて誰が貼りたいと思うね―ん!!!」ってことです。

しかも自動生成されたページって、私がコピペしてるような言い方・・・ショックです・・・

毎日3、4時間かけて書いてます。しっかりリサーチして自分の言葉で。

リサーチで参考にさせてもらったサイトは必ずリンクを貼っていますし、自分の猫を基にした体験談も織り交ぜて執筆しています。

う~ん・・・

まるで私の記事の書き方が良くないといわれているような気がしてしまい、あまりのショックに昨日は記事を書く気になれませんでした。

でも、ここで諦めるわけにはいかないんです。今後より良いサイトにしていくには向き合う必要があります。くよくよしている場合はありません。

ということで、今日からばっちり向き合うことにしました。

そもそも通過するコツ自体を初めから無視していた

そもそも私は、一般的に「こうすれば申請を通過できる」というワザに則っていません(笑)

(だから通らねぇんだろ、っていうのはナシですよ(笑))

Googleアドセンスは、当たり障りのない「日記」がいいとまことしやかに語られています。

  • 画像は入れてはいけない
  • 外部リンクもダメ
  • 固有名詞も使ってはダメ
  • アドセンス以外の広告は貼ってはダメ
  • 記事数は30を超えてから
  • 文字数は1000字以上
  • 動画などの埋め込みも禁止
  • サイトマップを設置すること
  • プライバシーポリシーを設置すること
  • 当たり障りのない日記を書く
  • プロフィールを設定すること
  • お問い合わせフォームを設置すること

というのが通過するための必勝法と言われています。

「必勝法」というものに対抗したくなるのが諭吉です(笑)

まあ、明らかに不利なことはしません。いろいろリサーチした結果、上記のような項目を守っていなくても通過している人が最近は多いのです。

参考程度に実際通過している方の記事のリンクを掲載させて頂きます。

参考 【2018年】GOOGLEアドセンス審査に落ちたけど翌日の再審査で通った話駅トホさん 参考 グーグルアドセンス審査2018は画像や動画OK!記事数や文字数の目安は?オオタのブログさん

昔は確かにこれを守っていればよかったのかもしれませんが、今は審査も厳しくなり、よりユーザーにとって有益な情報を与えるサイトでなければいけません。

それに申請のために、当たり障りのない記事を書くのも嫌でした。

せっかく時間を使って書くのだから、読んでくれた人にとってためになるものでないと嫌です。私のポリシーが許しません。

というわけで、上記の方々の成功を信じて、今迄の常識を覆すべく必勝法を裏切って申請に挑むことにしました。

上の必勝法で言われているものの中で私も守って行ったものは、「プライバシーポリシーの設置」「サイトマップの設置」「プロフィール欄の作成」「お問い合わせフォーム作成」「記事の文字数」ですね。

Googleアドセンスの申請に通るためにやったこと

まず初めに、同じように申請に通らなかった人の記事を探して読みました。

そこで気づいたことが1つ。

送られてきているメールの文面が私の受け取ったものと皆さんほぼ同じ

私に送られてきたメールのうちの1文をコピペして検索したら、わんさかサイトがヒット。

え、もしかしてみんなこのひな形なんじゃないの?って思いました。

てっきりこのヒントってのが全部自分に当て嵌まってると思っていたけど、もしかしてこのうちの1つでもできていなかったら全員この文面なんじゃ?

ってことはこれはオリジナルの文面なのではなく、結局何が悪いかは自分で探さなきゃいけないってことか・・・と悟りました。

次は、申請に見事通過した方の記事を探してみたり、Twitterで通過したことを報告しているつぶやきを探したりしました。

実際に通過した成功者に倣うのが最大の成功の秘訣だと思ったのです。

その方のアドバイスや実際に気を付けたところを聞いてみよう!と。

そこで失礼に値するかもということは承知の上で、初めましてではありますが「なぜ申請に通ったと思うか、通るために気を配ったことは何か」を当人におうかがいしてみることにしました。(といってもチキンなのでお2人にだけ(笑))

そしたらとても親切にお返事をお2人ともに頂きました。本当にありがとうございます!

そのうちの1名さんが実際体験したGoogleアドセンスの申請に無事通過されたことへの考察を記事にされているようで、ご紹介して頂き、早速拝見いたしました!ありがとうございます!

参考 ブログ11記事で「グーグルアドセンス」を通過した考察好きなものをぐだぐだと。さん

自分の記事を読みに来てくれた読者さんのために、記事のキーワードを大切にされていたということですね、なるほど・・・!

諭吉もようやく最近は少しキーワードというものに着目して書かないとな~という意識が少しは持てるようになってきましたが、申請を出した当初は全然そういうのに気を配れていなくて、より一層ダメダメだと思います。

そしてもう1名の方、わざわざブログを見てくださり、温かいお言葉も頂きました・・・

お2人のご厚意をありがたく受け取り、次の再申請に向けて始動です!!!

GoogleアドセンスにひっかかるNGワード!

実は申請に出す前に、元Googleアドセンスに関わっていた方がGoogleAdsenseに関して書かれたという本を購入して読んでいました

「元Google Adsense担当が教える 本当に稼げるGoogleAdSense」という本です。

その中には、その語を使うとアダルト記事と認定されて申請が不承認となってしまうNGワード」のリストが付録としてついていました!(これすごくお得!

申請に出す前は、このNGワード集を参考にしながら気を付けて執筆していたのですが、申請してからは特に気にせず執筆してしまっていました。

「これはNGワードにあたらないだろう」と思っていたからです。そんなやらしい記事は書いていないからです。胸を張って断言します。

念の為、全ての記事を見直してみることにしました。

すると・・・NGワードがありました・・・

不覚でした。

まさかこれがNGだとは思いもしませんでした。

なので、いちいち調べずに書いていたのです。1ミリたりともこれがNGになりうるだろうという思いがなかったからです。

決して私は裏で非公開のやらしい低俗な記事を執筆していたわけではありません(笑)それくらい、NGワードだと知らなければ普通に使ってしまう言葉です。

私は猫ちゃんたちの病気の話をよくしているので、そのNGワードにひっかかりやすかったのですね。意識できていませんでした。

そこでその記事はすべて削除・・・とはやはりできませんでした。

どの記事も3時間以上かけて執筆しています。

記事をコピーして保存しておけば?とも思われると思いますが、装飾や画像の挿入などにも気をつかっているので、やはり記事を完全に抹消することはできませんでした。(ビジュアルではなくテキストをコピペして保存しておけばいいのですけれどね(笑)それでもタグをつけ直したりするのがイヤで・・・もし次も落ちてしまったら、どうにかすることを検討します)

そこで、NGワードを含んでいる記事を下書きの状態にステータスを戻しました。非表示では見えますので、下書きです。

そして、これでもう一度申請しましょう。

え?!他に直さないの?!って思われましたか?(笑)

もしこれで申請に通れば、これが原因だったということです。

また落ちれば他にも要因があったということですね。という検証もかねて再申請することにしたんです。

Googleアドセンスの再審査は2週間の期間をあけるべきか

Googleアドセンスの再審査について調べていると、「再申請する際は2週間は期間を空けた方が良い」と書かれているサイトをいくつも見かけました。

すぐに再度申請しても、ロボットで自動的にはねられてしまうから、というのが理由だそうです。

でも私は既に3週間も待たされたのです。(絶対忘れられてた)さすがにさらに追加で2週間も待てません。

ということで、落ちた翌日ではありながら、先ほど再申請しちゃいました。(笑)

落ちようが通過しようが、また結果はご報告致しますね。

っていってるうちに、1時間前にメールが来ていてまた落ちました!!!ガビーン!!!!

ということはまだ他に何か修正すべきところがあるということですね。また明日考えることにいたします。

まとめ

  • 諭吉は審査に落ちた
  • それはNGワードが記事内に含まれていたからだと推察
  • あえて必勝法といわれている体系と違う形で提出した
  • 今は再度申請中(それも2週間待たず結果が来た翌日に)

申請が通過するまで懲りることなく一部始終をお届けいたします!!!

少しでも参考になれば幸いです。

再々申請に出した時の結果がコチラ!

アドセンス 申請【Googleアドセンス2018】くらえ!再々申請!諦めぬ!しかし意外な落とし穴が

是非ご一読を!

 

きょうも きみのかしこさが 1ポイント あがった!